「福島の美味しいものと日本酒ナイト」矢大臣うどんカルボナーラのうまさよ #福島美味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この一、ニ年は「呑むなら日本酒」などと妙に色気づいてしまって、チビチビとやっていたわけですが、とりわけ渋谷の「立呑み なぎ」で福島の日本酒に出会ってから、福島の日本酒が飲みたい時には隙を見て通っています。

「立呑み なぎ(渋谷)」福島の日本酒にこだわった立ち呑み和風バル
「立呑み なぎ(渋谷)」夏の終わりにさんまとブリしゃぶと日本酒と with TKG
「立呑み なぎ(渋谷)」定食のご飯をTKG(卵かけご飯)にアップグレード

そんな風にしていたら、福島県商工会連合会「福島の美味しいものブランドプロジェクト」さんから「福島の美味しいものと日本酒ナイト」なるイベントにご招待をいただく光栄にあずかりました。

東京は日本橋室町にあります日本橋ふくしま館MIDETTEで開催されたイベントに伺ってきました。

日本橋ふくしま館MIDETTEは東京メトロ銀座線三越前、JR新日本橋駅が最寄り。神田駅も徒歩圏内です。

看板。

MIDETTEの奥の方にある、普段はイートインスペースとなっているところが会場になっていました。

会場にはイベントでサーブされる日本酒たちが。全9種類()。

下写真左から
・国権酒造(南会津町):國権 山廃純米
・曙酒造(会津坂下町):天明 亀の尾 純米吟醸
・四家酒造(いわき市):又兵衛 ふくみ
・仁井田本家(郡山市):百年貴醸酒
・宮泉酒造(会津若松市):會津宮泉 純米にごり酒

下写真左から
・金水晶(福島市):金水晶大吟醸(金賞受賞酒)
・人気酒造(二本松市) :人気一大吟醸(金賞受賞酒)
・奥の松酒造(二本松市):奥の松 大吟醸雫酒十八代伊兵衛
・喜多の華酒造(喜多方市):蔵太鼓 純米辛口

イベント名の通り、福島産の食材を使った料理と日本酒のマリアージュを、というのがテーマでした。みそソムリエkeikoさんによる、こんなお料理たちを日本酒とともにサーブいただきました。

・紅葉漬
・うどん2種食べ比べ
・チーズ
・キジの味噌焼き
・カルボナーラうどん
・けんちんうどん

どれもうまかったのですが、特にカルボナーラうどんに心を、舌を奪われてしまいました。

今回の料理で使われたうどんは「矢大臣うどん」。

矢大臣うどんはいわき最高峰「矢大臣山」のふもと標高600メートルの高原で育まれた国産小麦100%のうどんです。自社農園で生産した小麦「キヌアズマ」をまるごと製粉した、昔ながらの全粒粉を使用しました。栄養価の高さが、うどんの色の濃さに現れている自信作です。

via: 矢大臣うどん | 日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)

まるでそばのような色合いですが、うどんです。

順番が前後しましたが、一番最初に出てきたのは紅葉漬とクリームチーズの味噌漬け。いかにんじんせんべいの上にクリームチーズの味噌漬け、さらにその上に生七味がのっかっています。

最初の乾杯は仁井田本家(郡山市)の百年貴醸酒。貴醸酒とは水の代わりに酒を使って仕込んだお酒のこと。貴腐ワインのようなまろやかな甘みがあります。これおいしかった。紅葉漬けとクリームチーズの味噌漬けにもよく合っていました。

続いてはうどん食べ比べ。こっちが稲庭うどん。

こちらが今回の矢大臣うどん。

普通のうどんは時間が経つとべちゃっとして、麺同士がくっついてしまったりするのですが、矢大臣うどんはそれがない。食感にもそれがあらわれていました。

和らぎ水も福島のお水。

金子牧場さんで作ったモツァレラチーズにトマトを。小鉢みたいな器に入っているのはカッテージチーズにほうれん草を合わせ、やまじおをふったもの。チーズどれもうまいなあ。うまいしか言ってない、言えないけどうまいなあ。

冒頭に出してしまったカルボナーラうどん。

からめられてるクリームチーズの味噌漬けがもうね。

きじの味噌焼き。きじはハレの日によく出されるものだそうです。

矢大臣うどんを生産している宇佐美さんの奥様レシピを再現したけんちんうどん。

野菜出汁がよく出ていてこちらも美味。

スポンサーリンク

「発酵王国 福島」

紅葉漬け、クリームチーズの味噌漬け、きじの味噌焼き、そして日本酒。伊達に発酵王国 福島とうたってないです。

クリームチーズの味噌漬け…美味しかった…お酒のつまみでもいいし、チーズ好きとしては単品でも。

以前に福島美味プロジェクトのブロガーツアーの時にネタフルさんが「麹」というキーワードをピシっとおっしゃられたそうなのですが、さすがのセンスというか言葉のチョイスというか、すげえなあと感嘆しました。

今回の日本酒では、冒頭に書いた仁井田本家の貴醸酒、渋谷・道玄坂の立呑み なぎでお目にかかれる天明と國権が特によかったです。また飲みに行きたくなってしまうなあ。

MIDETTEや物産展などで購入、味を楽しむのももちろんよいのですが、これは現地で味わってみたいなあという思いもふつふつと。

MIDETTEの物販エリアには福島美味ブランドプロジェクトのコーナーがあり、今回いただいた食材が販売されています。クリームチーズの味噌漬け買っちゃった。

イベント最後に「カルボナーラうどん、もう一度食べたい方いらっしゃいますか?」という声があったので真っ先に手を上げてしまいました。

これはいいものだ…

矢大臣うどんはお土産としてもたせてくれましたので、カルボナーラうどん、自宅でチャレンジしてみたいと思います(これがのちに悲劇を生むことになるとはこの日の私、知る由もなし)。

カルボナーラうどんのレシピは福島美味ブランドプロジェクトブログにあります。
矢大臣うどんと福島の発酵食品で「かんたんカルボナーラ」 | 福島美味ブログ

また一段と福島が好きになった夜でした。
日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
日本橋ふくしま館 M I D E T T E

そして福島の日本酒を呑みたいのなら渋谷・道玄坂の立呑み なぎ、いいですよ。
立呑み なぎ(渋谷)の記事一覧

次回予告:神田渋谷銀座に加え、人形町にも日本酒ちょい呑みできるいいお店

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事