仮面ライダーフォーゼ「友情のシルシ」を円滑に遂行するための二つの提案 #beerfull

シェアする

いよいよ明日開催のビアフルナイト。

ビアフルナイトでは仮面ライダーフォーゼの握手「友情のシルシ」をみんなでやろう!ということで、前に書いた動画ありエントリーを、主催者のお一人コグレマサトさんのブログ「ネタフル」でご紹介を頂いた。
[N] 「ビアフルナイト」明日開催!仮面ライダーフォーゼの握手をしよう! #beerfull

なおこの「友情のシルシ」はテレビ朝日の仮面ライダーフォーゼサイトのSTORYバックナンバーにあった記載で確認。
テレビ朝日|仮面ライダーフォーゼ 第14話STORY

この「友情のシルシ」。実際にテンポよくやってみようとするとなかなか難しい。


特に難しいのが

1.フツーに握手

2.腕相撲式握手

3.拳を合わせる

4.拳の上下を合わせる

5.4の逆

という手順の内の4と5の部分。どっちが先に上になるか。これが大問題なのである。

狭い道で対向から来た人とすれ違うときに、どうしても同じサイドにかわそうとして鉢合わせになってしまうかのごとく、拳を出す高さがかぶってしまい、戸惑ってしまう。

なので、まずは明日のため、そして私や全ての仮面ライダーと友達になりたい方のために、「友情のシルシ」を円滑に進めるための二つのTipsをご紹介しよう。

スポンサーリンク

その1.やる前に宣言する


「友情のシルシ」を交わす前に、「私下で行くので!」を宣言してしまう。これが一番手っ取り早い。

強気に言っておけば「この人になら付いていってもいいかも」という安心感、男らしさを与えるという特殊効果もあるかもしれない。

先日、何人かと「友情のシルシ」を交わす機会があったが、途中からこの方法を採用することでかなりいい感じになった。

その2.上でも下でもなく真ん中にする(動かさない)


「そんな宣言なんて私には無理!」という人にはこちらの方法をオススメ。

手順4になったら真ん中辺りに拳を突き出す。相手がそれより上に拳を出したら、そこで初めて拳を下にずらす。

「あなたの好きにしてよね」感を醸し出せるので、甘え上手な人には有効な方法かもしれないし、男らしさを売りにしている人はギャップでむしろ勝負できるかもしれない。

私は宣言派


なお、私はその1の宣言派。しかも下。あまりに酔っ払ってしまったなどを除き宣言しますのでご安心いただきたい。

明日ビアフルナイトでお目にかかる皆様、最後にコグレさんとの握手動画を再度掲載するので参考にして頂き、渋谷グリフォンでコグレさん、タカバシさん、そして私と握手!



もちろんビアフルナイトに関わらず、何かで私を見かけたら是非お声がけ頂き「友情のシルシ」を交わさせて頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事