アプリの断捨離「断捨プ離」を実践したら2画面におさまった。

シェアする

先日リリースされたiOS5。iPhone4Sの発売も相まって、先週半ばから週末にかけてはApple狂想曲とでも言ってもいいくらいのApple界隈の盛り上がりであった。

私自身、まだiPhone4Sには手を付けていないのだが、手持ちのiPod touchをiOS5にアップデートしようとしたところ、見事に復元失敗。iOS5にはアップデート出来ていたようなので、バックアップを復元せずに初期状態でアプリを入れていくことにした。

スポンサーリンク

■アプリの断捨離=断捨プ離

というわけで、初期状態からアプリを同期させることになったわけだが、この際なので今までiPod touchに入っていたアプリをそのまま同期させるのではなく、ゼロベースでアプリの整理をしてみようと思い立った。

アプリの断捨離。私はこれを

「断捨プ離」

と命名した。

そしてiOS5にアップデートしてまっさらだったiPod touchのユーザ辞書にも断捨プ離という単語を登録した。

この断捨プ離、断捨離を始めるにはもってこいである。

iOSアプリは一度削除してしまったとしても、AppStoreあるいはiTunesから戻すことができるからだ(アプリ内のデータは戻せないが)。

断捨離やモノの整理をするときに一番ネックになるのが、「それを捨てるか捨てないか」を判断するというところ。

「後で必要になる」「いつかは使うだろう」という思いがここでの判断を鈍らせ、スッキリした結果にならないということが多いはず。私も多分に漏れずこの一人である。

断捨プ離は再ダウンロードという最後の手段があるので、思いきって削除することが出来る。

そして思いっきりいったことによるスッキリした結果を得ることができる。そしてこの感覚は本来の断捨離に生きてくる。

私は断捨プ離を敢行した。その結果、フォルダを利用してはいるものの、全部で2画面にアプリをおさめることができた。

■まずはホーム画面

IMG_0026

Dockには
Tumblr Gear(Tumblrクライアント)
Tweetlogix(Twitterクライアント)
ミュージック(iPhone/iPadではiPod)
OneCam(カメラアプリ)
を配置。

1画面目は1タップで全て起動できるよう、フォルダを使わずに配置してみた。

メッセージやリマインダーは今回初登場なので、今後使いっぷりをみながら調整していくことになるだろう。

なお、買い物リストなどはAppigo Todoを今まで使っていたが、今回からはリマインダーを使ってみることにした。

東京ライフハック研究会のスタッフでありながらタスク管理、スケジュール管理については全くの無頓着。どうせやらないのだから、この際タスク管理系のアプリについてはリマインダー以外すべて削除した。

今回は断捨プ離でアプリ整理をした、という視点でのエントリーなのでそれぞれのアプリの用途については省略する。

しばらく試行錯誤してみて、ある程度定番アプリが定着してきたら改めてご紹介したいと思う。

■2画面目

IMG_0027

ここはフォルダを多用。削除できない標準アプリなどは「標準1/2」としてぶち込んだ。Twitter公式アプリもiOS5ではほぼ標準アプリと言っていいだろう。

Tumbletailのところは、今後気になったTumblr関連アプリが登場すれば、これがTumblrフォルダに変わることになる。

4つ開けてあるのは試しに入れてみるアプリのためのテンポラリ用。4つまでという制限をかけることでアプリを不必要に増やすことを防ぎたい狙いもある。

もともとアプリレビューをする人間ではないので4つあれば十分だろう(フォルダがあるので逃げ道があると言えばあるのだがそこは秘密ということで)。

実は3画面目に一つだけNewsStandのアイコンが置かれている(スクリーンショットは省略)。これはもう数えないことにした。使わないけどフォルダに入れられないのはタチが悪い。

■アプリはかなり減った

断捨プ離の敢行の結果、アプリ(アイコン)の数を47までに減らすことができた。以前の総数はカウントしていないのだが、最低でもこの二倍はあったはずだ。

かなり思い切ったので、使っていくうちにおそらくアプリの追加、入れ替え、削除は発生してくるだろう。

しかしながら断捨プ離によって、iPod touchがスッキリしたことはもちろんのこと、私自身もスッキリした感覚を得ることが出来た。

この感覚を一度体験しておくということは、断捨プ離を越えて、本家の断捨離を実践したい方にとっても非常に重要である。

今回は初期状態から入れるアプリを選ぶ、という方式になったが、もちろん現在お使いのiOSデバイスで大量のアプリがインストールされている方は、そこからアプリを削除していく方式でも一向に構わない。

iPhone4Sが発売され、旧iPhoneからの機種変更をされる方も多いだろう。この機会に断捨プ離を実践されてはいかがだろうか。

あとがき
今回はiPod touchの断捨プ離のみを敢行した。

iPad2のアップデート・復元は特に問題なく完了したので、折を見てiPad版断捨プ離も実践、レポートする予定。

コメント

  1. […] アプリの断捨離「断捨プ離」を実践したら2画面におさまった。 « Tanakamp的… […]

  2. […] このブログでもその流行に乗るかのごとく「断捨プ離」「断捨RSS」などの造語を作りつつ、Webサービスやアプリなどの整理整頓についていくつかエントリーを書いた。 […]