【プロレス】「猪木問答」書き起こし(グループトーク風)

シェアする

2002年2月1日の新日本プロレス札幌大会。この頃はちょうど総合格闘技ブームの真っただ中。エースクラスだった武藤敬司をはじめ、小島聡やケンドー・カ・シンが全日本プロレスに移籍するなど、団体としての危機を迎えていました。

そんな状況の中、この日の試合に勝利した蝶野正洋は自身の試合後にアントニオ猪木をリング上に呼び出します。リングに立つ猪木と猪木を囲むようにリング上に集結した当時の新日本プロレスの選手たちとのやりとりのことを「猪木問答」と呼んでいます。

この夜に猪木は蝶野を新日本プロレスの現場責任者に指名し、それ以降のノアとの交流戦(名勝負と言われた小橋とのGHCヘビー級選手権試合)や三沢光晴とのドリームマッチをマッチメイクするなど敏腕をふるっていく、という意味でもこのリング上での出来事は新日本プロレスにとってはエポックメイキングな出来事なのですが、猪木と選手たちとの受け答えがあまりにも面白いため、「猪木問答」とネーミングされてしまったわけです。

その一部始終がこちら。

蝶野ここでもこらえきれず…橋本真也の「時は来た!」の時のよう。

スポンサーリンク

グループチャット風に書き起こしてみた。

さてこの猪木問答、LINEなどのチャットサービスでよくあるグループトークみたいだなあと。

ということで、猪木主眼でグループトーク風に書き起こしてみました。ご笑覧下さい。

蝶野
オラエー!

蝶野
お前らほかにやるやついねえのかオラエー!

蝶野
おい、俺と天山か!

永田、中西、鈴木健想、棚橋たちがリングに上がる
猪木
お前は怒(いか)ってるか?

中西
怒(いか)ってますよ!

猪木
誰にだ?

中西
全日に行った武藤です!!

猪木
お前はそれでいいや

観客

猪木
お前は?

永田
全てに対して怒ってます

猪木
全てってどれだい?

永田

猪木
言ってみろ!俺か!幹部か!長州か!?

永田
上にいる全てです!

猪木
そうか。テメエで気づかせろ

観客

猪木
おめえは?

健想
僕は自分の明るい未来がみえません!

猪木
見つけろテメエでー

観客
www

棚橋
俺は!新日本のリングで!プロレスを!やります!

猪木
まあ。それぞれの想いがあるから、それはさておいて

観客
wwwwww

猪木
なあ。テメエ達がホントの怒りをぶつけて、ホントの力を叩きつけるリングをお前たちが作るんだよ。オレに言うなー!

蝶野
(笑いを隠せない)

猪木
俺は三年四年だ、引退して。テメエ達の時代、テメエらの飯の種をテメエで作れよ!いいか!

色々聞いておいて、マイク向けておいて「俺に言うなー」ですからね。蝶野が笑ってしまいそうなのもよくわかります。いやむしろよくこらえたというべきか。

最後の一言で全部を台無しにするので、飛龍革命よりは日常生活への応用度は低いかもしれません。

流れをわかっている仲間たちと電車でやることがない時とかに再現してみたりすることで周囲の笑いをとれるくらいかな…?棚橋の「俺は!新日本のリングで!プロレスを!やります!」からの「まあ。それぞれの想いがあるから、それはさておいて」あたりは使えるかもしれませんね。

クレーマー、モンスターペアレント、通勤電車内のいざこざ…世知辛い現代ニッポンにはそこかしこに怒りがあふれています。

そんな怒りを見かけたときに「お前は怒(いか)ってるか?」「誰にだ?」と問いかけてみてください。「全日に行った武藤です!」と返ってきたらそれは中西学本人かもしれません。

【プロレス】「飛龍革命」藤波辰巳とアントニオ猪木のやりとりをLINE風に書き起こしてみた

【以下コピペ用素材】

蝶野「オラエー!お前らほかにやつやついねえのかオラエー!おい、俺と天山か!」
永田、中西、鈴木健想、棚橋たちがリングに上がる
猪木「お前は怒(いか)ってるか?」
中西「怒(いか)ってますよ!」
猪木「誰にだ?」
中西「全日に行った武藤です!!」
猪木「お前はそれでいいや」
会場笑い
猪木「お前は?」
永田「全てに対して怒ってます」
猪木「全てってどれだい?」
永田「…」
猪木「言ってみろ!俺か!幹部か!長州か!?」
永田「上にいる全てです!」
猪木「そうか。テメエで気づかせろ」
会場爆笑
猪木「おめえは?」
鈴木健想「僕は自分の明るい未来がみえません!」
猪木「見つけろテメエでー」
会場爆笑
棚橋「俺は!新日本のリングで!プロレスを!やります!」
猪木「まあ。それぞれの想いがあるから、それはさておいて」
会場爆笑
猪木「なあ。テメエ達がホントの怒りをぶつけて、ホントの力を叩きつけるリングをお前たちが作るんだよ。オレに言うなー!」
(蝶野笑いを隠せない)
猪木「俺は三年四年だ、引退して。テメエ達の時代、テメエらの飯の種をテメエで作れよ!いいか!」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事