「笹新(人形町)」カウンター前の大皿料理が食欲をそそる大衆酒場

シェアする

東京・人形町にある居酒屋「笹新」にうかがってきました。

お店の最寄りは東京メトロ日比谷線、都営地下鉄浅草線の人形町駅。

東野圭吾の「新参者」シリーズで一躍有名になったあの人形町です。東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅からも徒歩圏です。

人形町商店街の大通りから甘酒横丁の交差点を浜町公園・明治座の方向に歩くこと2,3分。一つ目の信号の角にお店があります。
slproImg_201505211038280.jpg

18:30頃に入店したのですが、私が座った時点で満席。予約はとれないので、入りたければ待つしかない。

注ぎつ注がれつ手酌して、な気分だったので瓶ビールを。

煮付け食べたいねー、なんて話をしながらカレイと銀だらで迷ったあげく銀だらをチョイス。しみてるなあ。

座ったカウンター席の目の前には大皿に載ったお新香があったのでオーダー。

一人前サイズはこんなかんじ。

最近ハマりつつあるレモンチューハイを。レモンチューハイとレモンサワーの違いは何か?なんて話をしながらグビグビと。

肉豆腐。味がしみててうまい。

さつま揚げはゴボウの食感がすごくよくて食べ応えがありました。生姜と醤油かけるとたまらん味。

店内写真をあんまりカシャカシャ撮る雰囲気でもないので、席の周辺しか撮らなかったのですが、15席程度のカウンター席の前にはメニューの一部が大皿にのってずらっと並んでいます。

これがまたそそるのです。食欲を。

イワシ煮とか、

そら豆とか。

今回はビールとチューハイでお腹いっぱいだったので手が出せませんでしたが、日本酒はなかなかのラインナップ。お店の隣にある系列の酒屋「佐々木酒店」厳選の日本酒がグラス500~600円くらいで飲めます。伺った時は三重の田光や佐賀の古伊万里 前なんかがありました。

瓶ビール、チューハイ4杯、前述の料理でお会計は3000円後半。二人で割って2000円いかなかったです。

満足。

次はねぎま(マグロとねぎ)と日本酒を頂きにうかがいたいなあ。

19時以降はところどころ空席が出てくる場合もあるようです。むしろ早い時間のほうがおじさんたちでいっぱいかもしれないです。

笹新

関連ランキング:居酒屋 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

*この記事はiPhoneアプリSLPRO X for WordPress & Movable Typeで書きました

SLPRO X for WordPress & Movable Type
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク