「高級」「普通」という言葉の意味をあらためて考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、関東某県の某公園で開催されていた某イベントに出くわした。

そこではよくある抽選会みたいなのをやっていた。一口何百円とかで番号の付いた券をもらえて、イベントの最後に当選番号を発表して当たったら景品をもらえる、というやつだ。

抽選会まではトラックの荷台をステージに、組合のおじさん達がベンチャーズ弾いたり、⚪︎×クイズで残った人には洗剤あげるといった催し物が繰り広げられていた。

そんなイベントの抽選会なもんだから、景品はたかが知れてるだろうなあ、と思って景品リストを見たらこんなんだった。

「高級」って何なんだろう…「普通」って何なんだろう…

まさかこんなところでそのようなことに想いを馳せることになろうとは思わなかった。

超高級石油ストーブって何ができるんだろう?外出先からスマートフォンでスイッチ消すとかできるのかしら?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク