銀座に移転で心機一転!プレオープンしたbar cacoiに行ってきた[beer]

シェアする

ここんところ色々わちゃわちゃあったり、クラフトビール成分少なめでちょっとダウナーだった@sta7kaです。

私に最初にクラフトビールの美味しさ、楽しみ方を教えてくれたのはサンクトガーレンのクラフトビールであり、5月に惜しまれつつ閉店した渋谷のビアバー「bar cacoi」であるわけだが、

[T]発表! Tanakamp的「勝手にビールアワード 2011-2012」 | Tanakamp的ヒトコト。

そのbar cacoiが銀座に移転し、来週予定の正式オープンに先駆けてプレオープン営業を始めた、との情報を聞きつけたら我慢できなくなったのでちょっとお邪魔してきた。

新店の住所は銀座3-14-8銀座NKビルB1

最寄り駅は
東京メトロ日比谷線または都営地下鉄浅草線の東銀座駅。

地図だとこの辺。周辺は細い道が網の目のようになっているので、一本くらいは道間違えてしまうかもしれない。


大きな地図で見る

住所上は地下一階だけれども、お店のドアは一階の通りに面したところにある。このマークが目印。

ドアを開けて半地下分くらいの階段を降りると8席分のカウンターが見える。カウンターバーなので、渋谷の時のようなテーブルやソファー席はない。まさにバーといった面構え。

渋谷時代はソファーやテーブル席もあったりして、カジュアルなダイニングバーというイメージだったが、銀座の新店はこれぞバー、という内装、雰囲気。立地的にも隠れ家的なバーと言っていいだろう。

そしてオーナー大場さんは私のことをおぼえてくれていた。うれしいわあ。

カウンター中程にすわって「いつもの」湘南ゴールドを。

久々のショナゴということもあり、ものすごく美味しかったので、一杯のつもりが二杯呑んでしまった。

渋谷時代は元板前さんが仕込む料理もcacoiのおすすめポイントだったのだが、彼は別のお店に行ってしまったとのこと。

キーマカレーとか唐揚げとかすごく美味しかったので、そこはちょっぴり残念ではある。

今はプレオープンということでビールの品揃えもまだまだ。カウンターバーになったので、サーバーの数がどれくらいになるのかなどは気になるところではあるが、大場さんのチョイスには引き続きちょう期待している。

正式オープンの告知はおそらくお店のTwitterアカウント@tk4obaかブログでされると思うので要チェック。

~歴史と人事は夜動く~『bar cacoi annex』で再び

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク