【Ingress】XMを回復する3つの方法

シェアする

Ingressにおいて行動ポイントとも言うべき数値がXM(eXoticMatter)です。

PortalにResonatorを置く時や、敵Portalを攻撃する時に消費されます。敵PortalをHackした時に反撃を受けることでもXMは減ります。

レベルがある程度上がると、敵Portalを攻撃して中立化させよう、という欲が出てくる(そして実際につぶせるPortalがあったりするのでやめられない)のですが、攻撃を続けるとあとちょっとのところでXMが底をつきてしまい、諦めそうになります。

だが諦めるのはまだはやい。XMは次の3つの方法で回復することができます。

スポンサーリンク

1.フィールド上のXMを回収する

フィールド上にある白いポツポツはXMです。オレンジの円内に入っていれば自動的に回収、XMを回復してくれます。

2.アイテム「PowerCube」を使う

PowerCubeを使えば、歩きまわらなくてもXMを回復することができます。

PowerCubeのレベルによって回復値は変わります。「PowerCubeのレベル X 1000XM」回復できるので、ポータル攻撃をするようになってきたら必須のアイテムになると思います。

周囲のフィールドにXMが落ちていないような状況で、でも「今すぐコイツをオトしたいんだ!」という時にかなり有用なアイテムです。

3.不要なアイテムをRecycleする

PowerCubeもない、周囲にXMも落ちてない、という時には持っているアイテムをRecycleすることでXMをゲットすることもできます。

Ingressではアイテムの最大保持数が2000となっています。この数値はレベルが上がっても変わらないので、XM回復ついでにLVの低いXMP Burster(攻撃力が低いので)などを捨てる(Recycleする)のもありですね。

Recycleは「アイテムを捨てる」ことになりますので、CONFIRMしてしまうと元には戻ってきません。間違って重要なアイテムをRecycleしないように気をつけましょう。

くれぐれもPowerCubeをXM回復のためにRecycle…なんてことはしないように…。

実はこの記事を書くまでPowerCubeの効果を知らず、XMを回復したいときはアイテムをひたすらRecycleしていました…。調べるって大事ですね…。これでIngressエージェント業がまた少しはかどる気がします。

■KAMPLOG(カンプログ)ではIngressについてこんな記事も書いてます
Ingressナニコレ面白ポータル
Ingress(イングレス)初心者エージェントが見ておくべき2つの動画
Ingressをプレイする時に参考にしたいサイト・ページ
【Ingress】通信がうまくいかない時は強制同期(Force Sync)を試してみよう
Ingressでcodename(アカウント)変更を申請する方法
【Ingress】レベルアップに必要なAP(Action Point)はどうやって獲得する?
【Ingress】ポータル近くにアイテムをDROPして拾えなくなってしまった時の対応方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事