【Ingress】Portal MODの種類と設置方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ingressでレベルが低いうちはAPとアイテムを獲得するという意味で「ひたすらポータルハックでいいよ」と先輩エージェントには口酸っぱく言われるわけですが、そうして獲得できるアイテムの中で「(Portal)MOD」と呼ばれるものがあります。

Portal MOD…他のオブジェクトのパワーや機能を高めるために設置するオブジェクト。たとえば、Portal にシールド MOD を設置すると、Portal の防衛力が高まります。

via: 用語集とインベントリ ITEM – Ingress ヘルプ

ポータルに設置することにより色々な効果が得られるアイテム、ということですね。

スポンサーリンク

MODは6種類

MODは6種類(もし他にあれば教えて下さい)。
1.Portal Shield
ポータルの防御力を上げるMOD。レベル低い時に敵ポータルのMOD状況を見てこれがセットされているようならまず攻撃しない方がいいです。1%とかしかダメージが与えられないのでXMP Bursterの無駄だと思ったほうがいいです。

逆に味方ポータルで簡単に崩されたくないものがあればセットしておくのがいいです。

2.Link Amp
対象ポータルのLink可能範囲(距離)を増幅させるMOD。これもレベルが低いうちは使っても意味がないと思います。

3.Heat Sink
ポータルハックは1ユーザがそのポータルに対し、最高4回まで実行することができます(1回ハックすると5分間ハックできなくなる)。4回ハックするとBurnOut状態となり、そこから4時間ハックできなくなります。

Heat Sinkはこのうち1回ハックする毎の5分間の冷却時間を短縮するMODです。

短縮時間はレア度によって変わります。

4.Multi-Hack
Multi-Hackは「ポータルを4回ハックすると4時間ハックできなくなる」という制限の「4回」という回数を増やすことができるMODです。

増やせる回数はレア度によって変わります。

5.Force Amp
ポータルを敵にハックされたり攻撃された際に反撃する時のパワーを強化するMODです。これを設置することで相手のXMをより減らすことができます。

6.Turret
ポータルを敵にハックされたり攻撃された際に反撃する頻度を増やすMODです。反撃時のクリティカルHIT率も増えます。

MODの設置方法

MODを設置できるのは言うまでもなく味方ポータルです。一つのポータルに最大4つのMODをセットすることができます(1ユーザにつき1ポータル最大2MODセットできます)。

MODを1つセットすると125APを獲得することができます。

設置したいポータル(そのポータルがレンジ内にある必要あり)をタップし、「MOD status」をタップします。
140807-ingress-mod1

4つの枠に空きがあればその枠をタップ。設置するMODを選択して「INSTALL」をタップすることで設置ができます。
140807-ingress-mod2

レベルが低いうちはMODの設置を考えるよりもやはりひたすらポータルハックするのがいいかと。

とはいえ、MODを一つセットすれば125APをゲットできるので、アイテムを集めすぎてRecycle(捨ててしまう)するようなことになるのであれば、空き枠があればMODを設置していくのもいいかもしれません。

各MODの効果については下の攻略サイトが詳しいです。
【MMMMORPG】Ingress攻略(Wiki風味)【大規模社会実験】

■KAMPLOG(カンプログ)ではIngressについてこんな記事も書いてます
Ingress(イングレス)初心者エージェントが見ておくべき2つの動画
Ingressをプレイする時に参考にしたいサイト・ページ
【Ingress】通信がうまくいかない時は強制同期(Force Sync)を試してみよう
Ingressでcodename(アカウント)変更を申請する方法
【Ingress】レベルアップに必要なAP(Action Point)はどうやって獲得する?
【Ingress】ポータル近くにアイテムをDROPして拾えなくなってしまった時の対応方法
Ingressナニコレ面白ポータル
【Ingress】XMを回復する3つの方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

コメント