スカパラやDE DE MOUSEも参加!すべてのファイナルファンタジーファンにおくるトリビュートアルバム「FINAL FANTASY TRIBUTE~THANKS~」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RPG(ロールプレイングゲーム)と言えば必ず名前が挙がるであろう「ファイナルファンタジー」シリーズ。

今年は第一作が発売されて25周年ということで、さまざまなイベントや企画が行われてきたが、20120/12/05に初のトリビュートアルバム(これは意外だった)が発売された。

私にとってファイナルファンタジーは2,3,4作目くらいしか思い入れがないので、わりと界隈でFFネタになる時などはついていけない側の人間なのだが、このアルバムは買ってしまった。アルバムのジャケットもなかなかグッとくるところではある。

スポンサーリンク

収録曲というよりは参加アーティストが決め手

5作目以降ももちろんプレイはしているのだが、作中曲があまり記憶にない。だから今回のアルバムは参加アーティストを見て買ってしまったかたちだ。

とりあえずDISK1のオープニング・テーマが東京スカパラダイスオーケストラという時点で割と側頭部にヒットしている状態。

そして個人的にはSo many tears、栗コーダーカルテット、DE DE MOUSE(手蔦葵とコラボ)というメンバーでとどめをさされた。

曲で言うとDISK2、10曲目FF2の反乱軍のテーマを聴いた時に色んな思いと悲壮感と決意みたいなものがブワっと蘇ってきた。

「あれ?原曲どんなんだったっけ?」というのもあるけれど、それはそれでオリジナルのサントラを聴きたくなるという意味ではいいのではないかなあと思うし、このアルバムで面白い、いいなあと思ったアーティストはもっと掘り下げてみたいという広がりを与えてくれたりしそうなのでしばらく聴いて楽しんでみたいと思う。

この曲数、参加アーティストで定価3000円という設定も、FFのトリビュート盤ということを抜きにしてもなかなか買いなアルバムではないかと個人的には思っているのでオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事