マイクロフォーサーズ望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 45-200mm」を買ってしまった[camera]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもと寝落ちした後、夜中に復活して深夜ツイートクラスタと戯れるのがけっこう好きな@sta7kaです。

2ヶ月前、待望の単焦点レンズをゲットした以降は、カバンの中にPanasonicのGF1をぶち込んで、撮りたいモノを撮っている。

マイクロフォーサーズ単焦点レンズ「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」を買ってしまった

しかし、これでレンズ沼は終わっていなかった。先日、某カメラ量販店にカメラストラップを物色しに行った際、性懲りもなくカメラ、レンズエリアに足を踏み入れてしまったのである。

そして20分後にはこれを買ってしまっていた。

まあ基本は単焦点レンズ一本のGF1をカバンに入れておいて撮りたいときに撮るのだけど、一昨日みたいに月を大きく撮りたかったり、遠くから子どもを撮影したいということを考えた上での購入。

愛用機もPanasonic GF1に落ち着きつつあり、しばらくはマイクロフォーサーズ規格で十分かなあとは思っている(Nikon D700が天下りしてきたらわからないけど)。

GF1に装着するとこんな感じ。ちょっと大きいかなと思うサイズだけれど、私はあまり気にならない。

20mmの単焦点レンズをつけたGF1と比較するとこんな感じ。

そして、せっかくなので200mmズーム(35mm換算で約400mmズーム)がどれくらいのものかを写真で紹介しておこう。

まずこれが20mmの単焦点レンズで撮ったもの。


そしてこれが今回の200mmレンズで最大ズームして撮影したもの。

一瞬あれ?と思うほどのズーム具合。被写体とカメラ本体の距離は同じ位置なので、ズームの凄さが分かってもらえると思う。手ぶれ補正機能アリのレンズなので、これだけズームしても結構ぶれない。

まだまだ写真は初心者なので、距離感を掴むためにも基本は単焦点レンズを使っていこうと思ってはいるが、このレンズのおかげでまた一段と幅が広がるのではないかとワクワクしている。

オヤジに借りていた広角レンズズームが没収されてしまったので、フォトウォーク系の集まりには単焦点とこの望遠ズームレンズで参戦したいと思っている。

広角レンズを没収された代わりにこんなレンズとか

こんなレンズが天下りしてきた。せっかくこんな環境にいるので素人撮り比べエントリーみたいなものもやってみたいと思っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク