大東文化大5区奈良凌介選手は奈良修監督の息子さん!【第93回(2017年)箱根駅伝区間エントリー】

シェアする

2017/1/2,3の二日間にわたって行われる第93回(2017年)箱根駅伝。

区間エントリーがすでに発表されていますが、往年のファンには気になる名前が。

スポンサーリンク

大東文化大5区の奈良凌介選手

2017-hakone-nara

大東文化大学の5区にエントリーされている1年生、奈良凌介選手。
第93回東京箱根間往復大学駅伝競走 区間エントリー

現在大東文化大学の監督で、かつては「山登りのスペシャリスト」と呼ばれた奈良修さんの息子さんでした。

奈良修さんは大東文化大学ランナーとして第66回(1990年)大会から第69回(1993年)大会まで4年連続で山登り5区を走り、区間賞2回、うち1回は区間新記録という「山の神」の先駆けとも言える選手でした。

そんな奈良修さんを親に持つ凌介選手。1年生で山登り5区に抜擢ということでなかなかに楽しみであります。

山登りのスペシャリストの子もまたスペシャリストになるのでしょうか!?

こんな記事も書いてます
【2017年(第93回)箱根駅伝】関東学生連合チームメンバー発表
箱根駅伝の留学生(外国人)枠ルールについて調べてみた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事