ひらくPCバッグにカラビナをつけて機能拡張する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショルダーバッグとかリュックを使う理由の一つに「両手を空けておきたい」というのがあると思います。

私がひらくPCバッグを使う理由の一つでもあります。

登山・キャンプなどのアウトドアアイテムとして認知されている「カラビナ」をひらくPCバッグに装着することで、不意に荷物が増えて手持ちしなければならないというストレスから解放されます。


ショルダーストラップの付け根(バッグ本体との結合部分)にカラビナをセット。

こんな感じ。

コンビニ袋もひょいとひっかけられる。

あとは、濡れた折りたたみ傘を、デジタルガジェットが入ったひらくPCバッグの中に入れるって結構抵抗があるのですが、取っ手の紐をカラビナに引っ掛けておけばバッグ内が濡れる心配もなく、しかも手は空けられます。

・長さ/大きさ的にどうやってもひらくPCバッグに入らないもの
・水分や汚れなど、バッグに入っているものやバッグ内部そのものにダメージを与えるようなもの

上記のようなものを持ち運ぶ、でも手は空けておきたい、というわがままを、カラビナは受け止めてくれます。

私は誕生日プレゼントで頂いたキーリング付きのカラビナを付けてます(CLOCK LIFE*のりゅうさんありがとう!)。

常にひらPを持ち歩いているなら自転車チェーンのスペアキーとかつけておいてもいいかも。

ひらくPCバッグは見た目以上にモノが入るので、ついつい型崩れしてしまうくらい入れすぎてしまうのですが、バッグの外側に「収納を拡張」することで、バッグ自体にもやさしくなれる気がします。

とはいえ、ぶら下げすぎるのも考えものですね…。荷物減らそう。

こんなカラビナもいいかも。

ひらくPCバッグカテゴリー記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク