「livescribe 3 SmartPen」手書きノートが即デジタルに!

シェアする

レビューズモニター参加中

私がまだライフハックブロガーだった頃、東京ライフハック研究会という勉強会で「夢の文房具プレゼン」というグループワークがあり、そこで「手書きしたものがデジタルデータになるペン」というのを考えだして好評価を頂いたことがあります。

そのガジェットが思っていた以上にはやく現実の商品になるとは…そんな個人的にもびっくりなガジェット「livescribe 3 SmartPen」をソフトバンクコマース&サービス株式会社からサンプリング提供いただきました。


livescribe3-1-20150622

livescribe 3 SmartPenの商品ページはこちら。

Livescribe ::Never Miss A Word

Livescribe 3 Smartpen|ソフトバンクセレクション

livescribe 3 SmartPenには

・ペン(インクカートリッジ付き)

・専用ノート1冊

が入ってます。

それから必要なのはスマートフォンかタブレット。iOS/Android対応のアプリをインストールする必要があります。

IOS対応アプリ「livescribe +」

Livescribe+
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Android対応アプリ「livescribe Link」

Livescribe Link – Google Play の Android アプリ

※以降のスクリーンショットはiOS版アプリ「livescribe +」です

アプリをインストールして起動すると、「スマートペンと接続」というメニューがあるので、タップ。そしてペンのスイッチをONにします。

ペアリングができると、ペンのファームウェアを確認し、最新バージョンがあれば、アプリ経由でファームウェアダウンロード、インストールへと進みます。初回はこの部分で結構時間がかかる場合があるので注意です。

フェームウェアバージョンアップが終われば使えます。

試しにノートに書いてみると…書いたそばから、アプリのノート画面に反映されていきます。

公式のYouTube動画をみるともう少し伝わるかもしれません。

どんな仕組みなんだこれ…。面白いというかすごい…。しかもノートのページ数とかをちゃんと認識してくれてます。

Livescribe スマートペンは手書き文字をどのように認識しますか?

Livescribe スマートペンは、ペン先にカメラが付いています。このカメラは、ユーザーが筆記したインクを見ているわけではありません。ページ上の図形を見ているわけでもありません。その代わりに、Livescribe ペーパーに印刷されているドットのパターンを読み取ります。各 Livescribe ノートブックの各ページには一意のパターンのドットが印刷されており、スマートペンはこれを読み取って、インクが書かれている場所を追跡し記憶できます。スマートペンは、各ページの下部にある録音ボタンや一時停止ボタンなどのコマンドの座標も認識します。

via: Livescribe ::Never Miss A Word

ほえー。なるほど。だからペン先がこんな形になってるんですね。カメラがあるからなのか。

スポンサーリンク

Feedビューから手書き文字をタイピング文字に変換

livescribeアプリには「Feed」というビューがあります。これ、何かというと、ひとつのノートの中にある文字、行を一つのFeedとして認識しリストアップしてくれます。

このFeedを左から右にスワイプすると、あらびっくり、手書き文字をタイピング文字(コピー&ペースト可)に変換してくれるんです。

選択してまとめてスワイプするとまとめて変換、まとめてコピーなんてこともできます。

議事録やイベントレポートなどをキーボードタイピングするのはやっぱり苦手…という人にとっては、この機能なかなかうれしいんじゃないでしょうか。

そしてまだ試してはいないのですが、livescribeでは文字と同時に音声も記録できる機能があります。書き起こし系の用途にはピッタリなんじゃないのか…?

手書きのものをデジタル化するというプロセス、通常であれば

・スキャンする(スキャナあるいはスマートフォンアプリ)

・OCR(文字認識)

・文字をコピー

というステップになるかと思いますが、livescribeではこれがひとつのガジェット、アプリで済んでしまいます。

スマートフォン・タブレット上ですぐにテキスト化(タイピング文字化)できるというのも、利用スタイルによってはすごく画期的なのではないでしょうか。

逆に考えるとペン、インク、ノート、アプリが揃っていないと機能しないので、消耗品であるインク、ノートのストックはやはり持っておきたいところではあります。

普通のインクやノートに比べると割高ですが、デジタル変換の手間を減らせることを考えれば許容できる金額かなあと。

livescribe 3 SmartPenおよび専用オプション品はソフトバンクセレクション(オンラインショップ)で購入できますし、

Livescribe 3 Smartpen | ソフトバンクセレクション

Livescribe 3 Smartpen 専用オプション品 | ソフトバンクセレクション

Amazonでも取り扱いがあります。

livescribe 3 SmartPen

ノート

インクカートリッジ

アナログとデジタルをつなぐ新しい形をみせてくれそうなガジェット「livescribe 3 SmartPen」。まだ、さわり部分くらいした使っていないので、どんな使い方ができるかなあ、と色々想いを張り巡らせているところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事