第91回(2015年)箱根駅伝では関東学連チームが復活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20141020-HAKONE-EKIDEN

気がつけば来年の箱根駅伝まであと二ヶ月ちょい。というか今年もあと二ヶ月ちょっとなのか!

今年初め開催の第90回箱根駅伝は関東学連(関東学生陸上競技連盟)チームがいなかったんですよね。

第90回(2014年)箱根駅伝に関東学連選抜がいない理由

来年はどうなる?と思っていたのですが、去年までとは少し形を変えて復活するようです。


実は今年3月に関東学連から発表されていました。

■東京箱根間往復大学駅伝競走における関東学連選抜チームについて

抜粋すると、

・1 校から 1 名の選出とする。
・単独校、関東学連選抜チームでの出場に関わらず、本大会出場回数が 2 回を超えない 選手を選出する。なお、この出場回数は第 91 回大会への出場から適用する。
・オープン参加とする。
・「関東学連選抜チーム」の名称を「関東学生連合チーム」に変更する。

オープン参加、ということは本大会で仮に連合チームが、シード権(次回大会出場権)である10位以内にはいっても、以前のように予選会での本大会出場枠が1つ増えるという措置もなくなったということになります。

予選会での本大会出場枠が1つ増えたとしても、結局常連校が勝ち上がってしまうことが多い、ということなのでしょうかね。

今回の関東学生連合チームの選抜基準が「単独校、関東学連選抜チームでの出場に関わらず、本大会出場回数が2回を超えない選手」となったのも、なかなか出場がかなわない学校、選手に箱根で走るチャンスを、ということなのかもしれません。

関東学連チームがシード枠争いに関わることはなくなってしまったものの、それを抜きにしてもシード権当落線上を巡る戦い、走りは毎年何かしらドラマがあるのは間違いないです。

また、オープン参加ながら箱根という舞台を走る関東学連連合チームのメンバーの思いのこもった走りに期待したいところです。

■KAMPLOG(カンプログ)では箱根駅伝についてこんな記事も書いてます
【第90回箱根駅伝】拓殖大学2区から3区の襷リレーがちょっと面白かった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク