プレゼン・面接…人生の大舞台に立つ前に聴きたいおすすめプロレスラー入場テーマ3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140523-pro-wrestle-theme

[還]プロレステーマ曲バンド「MonkeyFlip」のライブ演奏動画がアツい
ここ数日、このバンドのおかげでプロレステーマ曲に身を浸しています。

試合に臨むプロレスラーが時には自分を奮い立たせ、時には戦いを前に暴走せんとする自分をコントロールする。入場テーマ曲はそんな効果をもたらしているような気がします。

ならばそんな曲を人前に立つ、第一希望の企業の面接に臨む、提案コンペのプレゼンという大一番、愛の告白などなど、人生の大舞台に立つ前に聴いたらいいんじゃないか。

ということで3曲ほどチョイスしました。

スポンサーリンク

1.J / ジャンボ鶴田のテーマ


ふてぶてしさ・大胆さを携えたい時におすすめ。へそで投げるバックドロップで緊張感なんてマットに沈めてしまいましょう。

2.スパルタンX / 三沢光晴のテーマ

冷静さを保ちながら、うちには熱い闘志を…という時におすすめです。この3カウントは、明るい未来への3カウントだ!

3.Training Montage / 高田延彦のテーマ


映画ロッキー4のトレーニングシーンで使われてる曲です。

新日本プロレス VS UWFインター対抗戦で高田はUWFインターという団体を背負って当時の新日本プロレスのエース、武藤敬司や橋本真也と戦いました。

会社、そして自分の威信をかけた大舞台に聴くとアガること間違いなし。人生の腕ひしぎ逆十字を極めるのは今しかない!

ジャンボ鶴田、三沢光晴のテーマはMonkeyFlip動画紹介のところでも載せてはいるのですが、やはりいい。何度でもおすすめしたい。

恋の4次元殺法コンビ、タッグパートナーは随時募集中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事