運動会で子どもを見つけやすくするライフハック

シェアする

子どもの運動会。

学校にもよるが早朝から場所取りで列を作ったり、種目・演目ごとにベストの撮影スポットを探したり…保護者もなかなか大変な一日である。

数百人が体操着に帽子に紅白帽、という同じ格好。背丈もそう変わらない。自分の子どもを探すのも結構苦労したりする。

目を細めて子どもを探しているうちに出番が終わってしまう、なんてことも。

そんな時に役に立つかもしれないライフハックを一つ。

130930-undokai1

スポンサーリンク

靴下で差をつける

靴下も学校指定、という学校ではこのハックは使えないが、体操着がみんな同じという学校では靴下で差をつけると子どもを見つけやすくなる。

実際、黄色のハイソックス(サッカー用のソックス)を履いている男の子がいてよく目に入ってきた。

来年はちょっとやってみようかな。

こう言っておきながら、今年は普通の靴下でも無事に写真は撮れた。

終盤に発生した痛恨のカメラバッテリー切れをのぞいては。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事