裁断せずにスキャンできる「ScanSnap SV600」はあなたのライフログの幅を広げてくれるかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PFUがパーソナルドキュメントスキャナScanSnapシリーズの新製品「ScanSnap SV600」を発表。

PRESS RELEASE 新聞・書籍などがそのままスキャンできる「ScanSnap SV600」新発売 | 株式会社PFU
130613-scansnapsv600-1

ScanSnapと言えば自動給紙方式の高性能なスキャナ、というイメージだったが、今回の新モデルはそれらとは一線を画すものとなっている。

発売開始2013/7/12。オープン価格(PFUダイレクトでの価格は59,800円)

ざっと目玉機能を紹介しておく。

スポンサーリンク

ページめくり検出機能・ブック補正

ScanSnap SV600 : ページめくり検出機能・ブック補正
一定間隔でスキャンだとなんか焦っちゃうからこの機能は嬉しいところ。

マルチクロップ機能

ScanSnap SV600 : 富士通

読み取り範囲内に置いた複数の原稿を、一度にまとめて電子化。名刺や写真、新聞の切り抜きなど、さまざまな原稿を効率的に読み取れます。

via: ScanSnap SV600 : 多彩な機能

名刺スキャンなどは場合によっては自動給紙方式よりも効率がよくなるかも。

オプションでブックストッパーは欲しい…

単行本、文庫本を裁断せずにスキャンすることを想定すると、本の自重で開きっぱなしにできるものならよいが、閉じてしまうような本についてはブックストッパーのようなものは必須かなあという印象。

素早くページめくり+ホールドできるようなブックストッパーがないと、単行本とか文庫本は難しいかもしれない。

このあたりが公式オプション品で出てきたりすると、SV600単体での使い道も広がるような気がする。

ライフログの幅を広げてくれる製品になるかも

そういう意味だと、SV600で全て対応できるよ、というよりは

・原稿を傷めたくない
・分厚い原稿のスキャン(自動給紙方式スキャナに通せないもの)
・見開きでスキャンしたい(裁断して片方ずつではなく)

というニーズに応える製品だという風に捉えている。

ScanSnap iX500をはじめとした既存ラインナップとは別ものと考えたほうがいいかも。

あなたの大切なものをより大切にするために、ScanSnap SV600は役立ってくれるかもしれない。

ScanSnap SV600の発売開始2013/7/12。オープン価格(PFUダイレクトでの価格は59,800円)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事