青春18きっぷは券売機でも買える

シェアする

夏休み中の息子が友人とさいたまから日光まで鉄道旅に出る、というので、運賃を軽く調べたら「これ、青春18きっぷ」の方が安くね?」という話になりまして。

スポンサーリンク

青春18きっぷとは

青春18きっぷとは、一回2,370円でJRの普通、快速列車が一日乗り放題となるきっぷ。(販売期間および利用可能期間は限られてます)

おトクなきっぷ:JR東日本

5回分セットで11,850円という価格設定なのですが、乗り降りする駅が同じであれば、複数人でそのきっぷを使っていいというシステム。

私も若い頃はみどりの窓口に並んできっぷ買って大垣行きの夜行列車に乗って西へ…なんてこともありましたが、今は一部券売機でサクッと買えちゃいます。クレジットカード払いも可です。

指定券券売機で購入可

ここからはJR東日本の駅を例にします。他のJR各社だと券売機の見た目とか色々違うかもしれません。

「指定席」「自由席」「おトクなきっぷ」と書いてある券売機で青春18きっぷは買えます。

↓の券売機では買えないので注意。

で、指定券券売機の「おトクなきっぷ」をタッチ。

「おトクなきっぷの購入」をタッチ。

「青春18きっぷ」をタッチ。

またまた「青春18きっぷ」をタッチ。

人数(冊数)を選ぶところは「大人用1人」をタッチしてください。1人イコール5回分です。

4人で行くから4人分、にしてしまうと20回分になってしまい、からだと稼ぎを4倍くらいにせねばならなくなります。

最後に内容確認してお支払い。

何枚も紙が出てきますが必要なのは一枚だけ。あとは案内・注意事項が記載された紙と、カード利用明細と領収書とかです。

これで旅の前日に無事青春18きっぷが買えたのですが、実際の旅は行きはJR、帰りは東武線で帰ってきやがって青春18きっぷの意味が全くないいやむしろ損したというオチがあり、世の中念を押しても押しすぎることはないな、例え相手に嫌がられ、嫌われたとしても。ということを学ぶよい機会にもなりました。

*この記事はiPhoneアプリSLPRO X for WordPress & Movable Typeで書きました

SLPRO X for WordPress & Movable Type
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事