JR大阪環状線の内回りと外回りを覚えるコツ

シェアする

山手線内回りと外回りを覚えるコツ

という記事を書いたのですが、じゃあ大阪環状線はどうなんだ?というツッコミがありまして。

エスカレーターの立ち位置は関東と関西では右左違う、なんて文化があったりしますが、鉄道の環状線にもそれがあてはまっちゃったりするのか。

スポンサーリンク

大阪環状線も「左側通行」「時計回り」がキーワード

結論から申し上げると、山手線と同じでした。

大阪環状線をこのような路線図に見立て、左側通行の矢印を入れてみました。

※抜粋した駅は乗換路線があるところを中心にしてみましたが異論は受け付けます。

すなわち、時計回りが外回り、反時計回りが内回りということになります。

大阪環状線、個人的には一度も乗ったことないのですが、いつか乗る日に備えて肝に命じておきたいと思います。(その前に駅名を覚えなければ…)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事