「缶つまBAR(東京・日本橋)」缶つまアレンジフードとお酒のマリアージュが楽しめるBAR

シェアする

コンビニなどでたまに見かけるおつまみ缶詰「缶つま」。その缶つまをちょいとアレンジしたものを食せると聞いて、2018/6/1に東京・日本橋にオープンした缶つまBARのレセプションにお声がけいただいたので伺ってまいりました。

スポンサーリンク

缶つまBARとは?

缶つま=缶詰を使った酒のつまみ、のことです。

国分グループ本社株式会社さんが「缶つま」シリーズとして展開しています。コンビニで何種類か見かけたことがありますが、今回缶つまBARに伺ってラインナップを知って驚き。こんなに種類があるんですね。

国分がお奨めする缶つまのラインアップをご紹介します。おいしさはもちろんのこと、安全・安心で、健康的、尚且つ食べる楽しさを追求し、豊富な品揃えで生活者のニーズにお応えしています。

で、その缶つま商品にひと手間加えてさらにおいしくなったおつまみとお酒のマリアージュを楽しんでもらいたい、というコンセプトでオープンしたのがこの「缶つまBAR」。

「aloha table(アロハテーブル)」などの飲食店を手掛けるゼットンさんが日本橋で運営しているレストラン、その名も「ニホンバシイチノイチノイチ」の入り口付近のカウンター・ハイテーブルスペースが缶つまBARになってます。

ほら、ホントにイチノイチノイチ。東京メトロ銀座線なら日本橋駅、半蔵門線なら三越前駅が最寄です。

もともとニホンバシイチノイチノイチが入っているビル自体が国分グループ会社の本社ビルで、店の横には国分グループ会社が展開する商品を販売しているROJIというショップがあり、そこで扱っている缶つまをちょいとアレンジしてニホンバシイチノイチノイチで提供し、そして自宅などでもアレンジを楽しんでもらえるようその場で缶つまを買って帰ることもできちゃうという、素敵なコラボレーションのお店です。

店内に入ってすぐ横には缶つまブースが。なんかこの佇まいを見ただけでお酒が一杯飲めてしまいそう。

▲「缶詰を提供する妻たち」の略ではない(古い)

店内はこんな感じ。

ハイテーブル・ハイチェアの席がいくつか。

フードメニュー。いずれも缶つまシリーズにひと手間加えたものに。

ドリンクメニューにはそれぞれに合わせたおすすめフードも書いてます。

「日本酒ハイボール」と名乗る、気になるものがあったので一杯目。

▲日本酒ハイボール(580円)

新潟の「ふなぐち菊水」を使ったハイボール。すだち?ライム?がちょいと効いててスイスイ飲めちゃう。スパークリング日本酒、発泡感のある日本酒とはまた違った飲みやすさ。

で、その日本酒ハイボールに合わせるのがおススメとあったので最初の缶つまフードは「缶つま コンビーフ ユッケ風」に西京味噌を加えて焼いたこの一品を。

▲コンビーフと西京味噌のオーブン焼き(830円)

なんでも一番人気のメニューだそうで。たしかにうまい。コンビーフに味噌、私の辞書にその組み合わせはなかった。

続いては「缶つまプレミアム 日本近海どり オイルサーディン」にすだちを添えたこちら。

▲すだち香る和風オイルサーディン(800円)

お店の焼印が入ったオリジナルプレートもなかなかかわいい。

お酒が進むのでお次はワインを。

▲ラボリー・シャルドネ(グラス720円)

「缶つま Smoke いかホルモン」に九条ねぎとおろし生姜で。これ結構辛うまいのでこれまたお酒が進みます。

▲九条ねぎといかホルモンの生姜和え(600円)

個人的なおすすめメニューはこんなところですが他にも色々あります。牡蠣の燻製のやつとかもいい。

缶つま買って家でアレンジしたくなる

缶つまBAR、なかなか面白いお店&試みだと思います。お店でアレンジメニューを食して、缶つま買って帰って自分なりのアレンジを試してみて、また缶つまBARに行って…みたいな、ローテーションができてしまいそう。フードメニューは今後入れ替わりも予定しているということで、缶つま好き、おつまみ好き、お酒好きにはたまらないお店になりそうです。

缶つま買って帰って、お店にはないオリジナルフードを編み出したりするのもすごく楽し美味しそうですよね。

缶つまBAR(東京・日本橋)

■住所
東京都中央区日本橋1-1-1 国分ビル1F ニホンバシイチノイチノイチ内
■TEL
03-3516-3111
■営業時間
平日17:00~23:30
土日祝 17:00~22:30
(ニホンバシイチニイチノイチはランチ営業もやってます)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事