塩とごま油とネギがあればできるタレが万能な予感

シェアする

自宅ご飯で量が欲しい時、お豆腐に登板頂くこと、結構あります。野球で言えば一点勝ってるけど相手の攻撃ワンアウト二塁でこれから上位打線、みたいなそんな場面(適当)。

今までは豆腐を12等分くらいに切ってポン酢かけておけばよかったんですが、まあいずれ飽きはくる。球種も読まれる。ということで、家族からは「またこれか」感が出てくる。

そんな時に趣向を変えて試しに作った塩ダレ的なやつのウケがよく、我が家の新球種になりそうなので記録しておきます。

スポンサーリンク

塩・ごま油・ネギを混ぜる

用意するものは

塩…小さじ1(ひとつまみくらいでもいいかも)

ごま油…大さじ2くらい

ネギ…適量(万能ネギでも長ネギでも)

の三つ。多く作りたければそれぞれ分量は2倍3倍してください。

ネギをみじん切りくらいにして、塩とごま油と混ぜるだけ。結構いい感じのタレができます。

こないだは万能ネギがあったのでそれをざっくりと切って混ぜました。

上の豆腐はタレの珍しさもあってすぐ売り切れ。

レバ焼きとかにも合いそう

豆腐(冷奴)用に作ってみたのですが、このタレは他にも色々転用ができそう。

長ネギバージョンでレバー焼いたやつとかにかけたら絶対うまい。

アレンジの余地ありまくり

塩の代わりに鶏がらスープの素でもいいな、とか、あらびき胡椒を少々加えてもよさそう、とかタレ自体も色々アレンジできそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事