【PR】クルマに名前をつけたらより愛車が愛すべき存在になった(トヨタ・クルマを名前で呼ぼうキャンペーン)

シェアする

わたくし、さいたま市に住んでいますが、結構なクルマ社会でして。

家族四人ともなると電車賃だけでもまあまあコストがかかるので、どこに行くにもクルマに乗っちゃいます。

(飲兵衛には辛い…)

3年半で4.5万kmくらい。まあまあ乗ってますでしょ?

クルマを交通手段として、道具として考えてしまえばそれまでですが、愛称をつけてやると一気に愛着がわいてくるのはどうしてでしょうか。

そんなキャンペーンをトヨタさんがはじめました。

「 #クルマを名前で呼ぼう キャンペーン」です。

クルマから愛を、もっと。START YOUR IMPOSSIBLE. TOYOTA

スポンサーリンク

名前をつけてみた

このキャンペーンに乗じて私も愛車(トヨタ・ヴォクシー)に名前をつけてみました。

その名は「アイスマン」。

イングランド・プレミアリーグ(フットボール)のアーセナルというチームで活躍し、オランダ代表としていくつもの素晴らしいゴールを生んだデニス・ベルカンプ(Dennis Bergkamp)の愛称でもあります。

私の大好きな選手です。タナカンプという名前は実は彼からとっています。

冷静沈着、正確無比なプレーからその愛称がついたとも言われていますが、我が愛車もそんないい仕事をしてくれよな、という思いを込めたつもりです。

ベルカンプは大の飛行機嫌いでも有名。同じくオランダの名選手であった故ヨハン・クライフが「空飛ぶオランダ人」と呼ばれたことを文字って「飛べないオランダ人」なんて呼ばれることも。

代表戦やクラブチームの遠征では遠距離移動がつきものですが、可能な限り陸路で移動していました。飛行機嫌い→陸路→車というイメージもなんかピッタリだなあと。

なんて書いているうちにヴォクシーのフロント部分がベルカンプの顔に見えてきたような見えてこないような…。最近忙しくて洗車してあげてなかったからキレイにしてやらにゃなあ…なんて思えてきてしまいました。

あなたの愛車にも名前、つけてみてはいかがでしょうか。

クルマから愛を、もっと。START YOUR IMPOSSIBLE. TOYOTA
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事