【第94回(2018年)箱根駅伝】関東学生連合チームのメンバー選出ルールが変わった

シェアする

2018年1月2日,3日の二日間で開催される第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)。

本選に出られない大学からメンバーを選出した「関東学生連合チーム」も毎回オープン記録扱い(タイム・順位が公式記録とならない)で参加していますが。今大会から関東学生連合チームのメンバー選出基準が変わります。

スポンサーリンク

過去大会で1回以上出走した選手は出られない

以下、関東学生陸上競技連盟サイトのリリース引用です。

第 94 回大会より、単独校、関東学生連合チームでの出場に関わらず、本大会出走回数が 1 回を超えない選手を選出する。なお、この出走回数は第 93 回大会以前の全大会に適用する。

東京箱根間往復大学駅伝競走 関東学生連合チームについて

1回を超えない選手を選出、すなわち過去に箱根駅伝本選で1回以上走ったことがある選手は関東学生連合チームのメンバーには選出できない、ということになります。

となると、高学年の選手は選出できない可能性が高いということになります。2017/10/14(土)の予選会結果を経てのメンバー選抜になりますが、高学年のトップランナー達が所属する大学が予選落ちになってしまっても関東学生連合チームではその姿を見られない…。

ちょっと残念ではありますが、「多くの大学、選手に出場機会を与える」ということがこのチームが出場する意義でもありますので、どんなメンバーが選出されるのか、そして選出された選手たちがどんな走りを見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

箱根駅伝についてはこんな記事も

第90回(2014年)箱根駅伝に関東学連選抜がいない理由

箱根駅伝の留学生(外国人)枠ルールについて調べてみた

【第93回(2017年)箱根駅伝】4区5区の区間距離が変更。青学大・神野の区間記録は参考記録に。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事