「食堂とだか(五反田)」名物牛ご飯は思わせぶりな口づけのごとし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私をスキーに連れてって」なんて映画が昔ありましたが、おじさんたるもの、「私を◯◯に連れてって」なんてえ言われた日にゃあ、お店の予約取っちゃったりしてしまうわけですよ。

ホントにそれを言われたかどうかはさておき、五反田にある「食堂とだか」に伺ってまいりました。4名で予約したのでデートではありません。

JR五反田駅西口を出て3,4分。通称「五反田ヒルズ」にとだかはあります。

▲地図検索で「五反田ヒルズ」でやると違うところに連れて行かれます。「ホテルロイヤルオーク五反田」か「リバーライトビル」で検索を。

▲とだかは地下一階にあります。半地下、みたいな感じの位置どり。少しだけ階段を下ったフロア。

この日は5000円コースを。フードはおまかせ。指定ドリンクの中であれば飲み放題のシステムです。

▲一品目。

▲一杯目はとだかレモンサワーを。レモンの皮をすりつぶしたやつが入ってます。このほろ苦さがいい。ほろ苦い経験ばかりをしてきた私にはしみます。

▲ウニ・オン・ザ煮玉子。UON!トリュフものってるんだぜ!

玉子一切れずつで酒一杯いけちゃう勢いのやつでした。

▲ダチョウのユッケ。残せよ?絶対に残せよ?(このあと筆者が綺麗に頂きました)

▲お店の入り口側にあるお品書き

▲胡麻豆腐とトマトの揚げ出し

▲二杯目、いきます

▲里芋の唐揚げ。あつあつでハフハフしながら食べました。

▲お酒が進むな進むな宮尾すすむ(古い)

▲お店の奥の方にあるもう一つのお品書き

▲秋刀魚と茄子の包み焼き。上にのっているのは栗です。

チーズと見紛う(味紛う?)クリーミーさ。栗だけに。

▲体にいい味噌汁でココロとカラダを整えたあとは…

▲きました牛ご飯(うしごはん)!

いい感じに味付けされたプルンプルンのお肉、まるでくちびるのよう。そんなお肉を食す、ということはせ…接吻じゃないか…?!

お肉と煮玉子とご飯が口の中で織りなすハーモニー。思わずお代わりしたくなります…

これでしめてお一人5000円。しやわせだなあ…。

2名以上の予約であれば、トレタのウェブ予約が便利です。お一人様予約は…お電話で相談だ!

「食堂とだか」のFacebookページ

食堂とだか | トレタかんたんウェブ予約

そしてどうしても牛ご飯が食べたい…そんな時はこんな裏技もあったりします。

五反田・とだかの牛ご飯、出前がとれるって話はしたっけ?(コワーキングスナック)

関連ランキング:郷土料理(その他) | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク