「栄一(東京・八重洲/京橋)」ランチの焼鳥丼は一度味わっておくべし

シェアする

立ち飲み屋でナタリー・ポートマンみたいな人と隣合わないかなあと思いながら日々立ち飲んでおります。

美味しいお店、いい飲み屋を知るならやっぱり同じ飲兵衛からの情報というのが信頼できるわけでありますが、今回のお店を知ったのはまさかの仕事でお付き合いのあるお客様からの情報。

「やき鳥 栄一」の焼鳥丼を食べてきました。


お店は東京メトロ京橋駅が最寄りですが、JR東京駅八重洲口からも射程範囲です。

同じような通りが多い界隈なので間違えないように。こんなお店構えです。

12時台はかなり混んでます。回転が早いとはいえ結構待つこともあるので、お昼休みとかでいらっしゃる場合は時間に余裕を持って。

座席は一階と地下一階。一階のカウンター席にシットダウン。

ランチメニューは焼鳥丼と親子丼のみ。前傾姿勢で焼鳥丼(1,150円)をオーダー。

まずはお茶と漬物が出てきます。オーダーを受けてから焼鳥を焼いてくれるのでメインが出てくるまでは少し時間があるのでこれらで心とお腹を落ち着けましょう。

待つことしばらく。き、きたああ!

串で焼いてそのまま串を引っこ抜いたのがご飯の上にドサっと乗ってます。

別アングルから。

スープもつきます。かなり熱いので出立てでは手を出さず丼に注力しましょう。

とりあえずタレがよく染みたご飯部分だけでご飯おかわりできそうな感じです(おかわりはできません悪しからず。大盛はあります)。

うずらの卵含めた焼鳥たちもどれもうまい。やっぱりご飯おかわりが欲しい…。

丼はもちろん、焼鳥だけでもまた食べに来たいなあと思いながら店を出ました。夜はアラカルトメニューはなく、コースのみということで、少しお金に余裕ができたらチャレンジしてみたいと思っています。

その時はナタリー・ポートマンみたいな人と来られたらいいなあ。

スポンサーリンク

栄一(東京・京橋)

栄一

関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅東京駅宝町駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事