ICカードはひらくPCバッグminiの「第1ポケット」に入れておくといいよ

シェアする

ひらくPCバッグminiを使い始めて約1ヶ月がたったので、ボチボチと、ひっそりと、小出しにレビューしていきます。

「ひらくPCバッグmini」サイズはコンパクトになったけどMacBookAir13インチが入っちゃうんだって!


こう見えても一介のサラリーマンですので、オフィス入退室に使うICカード兼社員証みたいなやつを持ってるわけですが、これがなかなか扱いに困る。

なくしたら始末書モンだし、かと言ってずっと首からぶら下げてたら情報丸出しだし。

だいたいはカバンに入れるわけですが、ひらくPCバッグminiは縦に長くなったので、底部分にあると、出勤時いざ!というときに取り出しにくいんです。

上の方に入れたつもりでもだんだん底の方に入っていっちゃったりして。

そんなときに便利なのが内側のポケット。ひらくPCバッグminiには内側ポケットが二つあります。ここではバッグ上部の内側上部のポケットを「第1ポケット」、中盤のポケットを「第2ポケット」と呼ぶことにしましょう。

この「第1ポケット」にICカードを入れておけば、歩きながら、立ちながらでもすぐに取り出せます。ファスナーで閉じられるのでカードが底まで落ちてしまうことなく、定位置をキープできます。

さすがに立ってる、歩いてる状態で第2ポケットまで開けちゃうと中の物があばばばばばとなってしまうので。

外側のパンチングポケットでもいいのですが、防水という点と、なくしたくないものを外側に入れとくってのはちょっと不安な気もしますしね(個人の感想です)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク