Zenfone5の楽天モバイルSIMをドコモGalaxy S6に挿すにはSIMカードサイズ変更が必要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Galaxyアンバサダープログラムの企画でNTTドコモのGalaxy S6(SC-05G)を、楽天モバイルさんの企画で楽天モバイルの格安SIMとASUSのSIMフリーAndoroidスマートフォン「Zenfone5」をモニター利用させて頂いています。

Galaxy S6はSIMなしのモニター提供なので、基本はWi-Fiでの利用。私がメインで使っているのはau iPhone 6 Plusなので、SIMを差し替えてもモバイルデータ通信はできません。そこで楽天モバイルSIMの登場。

楽天モバイルはNTTドコモ網を利用したMVNOなので、Zenfone5のSIMカードをGalaxy S6(SC-05G)に挿しかえれば使えるんじゃね?ということで試そうとしたのですが…

スポンサーリンク

Zenfone5とGalaxy S6ではSIMカードサイズが違った…orz

Zenfone5はmicroSIM、Galaxy S6はnanoSIMなので、そのままそっくりSIMカードを差し替えることができませんでした。

Zenfone5から取り出したSIM

Galaxy S6から取り出したSIMアダプター。明らかにSIMカードの方が大きくてアダプターの枠には入らないですね…

楽天モバイルでのSIMカードサイズ変更手数料は4,000円

もし楽天モバイルでSIMカードのサイズ変更をする場合は手数料4,000円(税別。2015/5/18時点)がかかります。

楽天モバイル:料金

nanoSIMにしてしまって、いわゆる「下駄」(SIMカード変換アダプター)を買って、microSIMあるいは標準SIMに差し替えたい場合は下駄を使う、というのも手段としてはあります。

Amazonで見ると、SIMカード変換アダプター自体はものすごく安いものもあるのでハードルは低いですが、挿したら抜けなくなった、挿せたけどなんか緩い…といった購入者レビューもあるのであくまでも自己責任の範囲で。

なお、楽天モバイルSIMの動作確認端末リストページでは、2015/5/18時点でNTTドコモのGalaxy S6(SC-05G)は掲載されていませんでした。

楽天モバイル: 動作確認済み端末

■Zenfone5+楽天モバイルに関する記事
格安SIMを使うときは「APN設定」が必要(楽天モバイルSIM+Zenfone5)
Zenfone5(ASUS SIMフリーAndroid)でイヤホンジャック式自撮り棒は使えるのか?
ATOK for ASUSの入力方式を変更する方法(Zenfone5)
Zenfone5(ASUSのSIMフリーAndoroidスマホ)でスクリーンショットを撮る方法

■Galaxy S6に関する記事
Galaxy S6(NTTドコモ SC-05G)でイヤホンジャック式自撮り棒を使うときの注意点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事