「江戸政(東日本橋)」長居は野暮な立ち飲みスタイルで絶品生つくね!

シェアする

酒呑みの師匠・先輩が以前訪れたときいて、ずっと伺いたかった東日本橋の江戸政に行ってきました。

お店の最寄りは都営浅草線の東日本橋駅。JR浅草橋駅からも歩いていけないことはないです。

隅田川の橋で言えば両国橋からすぐのところです。

17:00オープンですが、オープン前にはすでに7,8人の列が。

のれんをくぐって…

カウンター。コの字ではなくL字っぽい感じ。

とりあえずビールを。ドリンクだけはキャッシュオンです。串物(フード)は最後にお会計。他には日本酒などもありました。

フード(串物)は最初は個別注文をとらずに一律コースのようなスタイルです。それが終わったら個別注文OK。

コース最初のつくね(タタキ)は生か半焼きかを聞かれます。師の教えにしたがい生をチョイス。

きました。生つくね。焼き鳥ダレがかかってます。

これあれだ。ねぎとろだ。甘めのタレが個人的にはすごく好きでした。

うまいと唸りながらビール瓶をグラスに傾けます。

焼物セット。ネギマとハートスタミナとピーマン肉詰め。

ラストはレバー。このセットで1400円くらい。ここから追加したければ単品注文ができます。

串物は一つ一つが大きくて食べごたえあります。書いてたらまた食べたくなってきちゃった…

長居は野暮ってもんだ、ということで、今回はこれにてお会計。瓶ビールが450円だったので、アンダー2000円でした。あーおいしかった。

定期的に生つくねを欲するカラダになってしまったっぽいので、またうかがいたいとおもいます。

営業時間が短めで、開店直後は行列必至。周辺も呑み喰いどころはあまりないので、ピンポイントで狙っていくことをおすすめいたします。

スポンサーリンク

関連ランキング:焼き鳥 | 東日本橋駅浅草橋駅馬喰町駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事