「氷結ZERO」糖類/プリン体/人工甘味料トリプルゼロが何を飲もうか迷ってるあなたに”評決”のときをもたらす[PR]

シェアする

上野発の電車に乗るときに、ちょっとお酒が物足りないなあ、なんて時にお世話になっているキリン氷結。

その氷結に新ラインナップ「氷結ZERO」が加わり、試飲品を提供いただいたので飲んでみました。(PR by BLOGTIMES)

スポンサーリンク

「糖類」「プリン体」「人工甘味料」がゼロ

「健康機能だけじゃなく、おいしいものが飲みたい」といった要望に応えるかたちで誕生したこの氷結ZEROシリーズ。

“健康機能を備えつつも、「氷結」シリーズならではのおいしさを提供するため、従来よりも果汁量をアップし、みずみずしく、すっきりとした後味を実現し”ている、と。

野球の世界では「打率3割以上・本塁打30本以上・盗塁30個以上」をトリプルスリーといいますが、氷結ZEROは「糖類0・プリン体0・人工甘味料0」のトリプルゼロ。いい意味でのゼロです。

「糖類」「プリン体」「人工甘味料」がゼロ

シチリアレモン。ふつうの氷結よりはシルバー感多めで、よりスッキリした印象のパッケージになっています。

期間限定のアセロラも頂いたので飲んでみましたよ

トリプルゼロで果汁感アップ、とうたっているとおり、それぞれのテイストがよく味わえるバランスになっている気がします。

チューハイ系はお酒を強く感じてしまうものがよくあるのですが、氷結ZEROはフルーティさの方が前に出ている飲み口でした。約6%とというアルコール度数を感じさせないさわやかさ。

氷結ZERO、カクヤスのネットショッピングにももうありました。



「糖類0・プリン体0・人工甘味料0」のトリプルゼロな上においしさアップ。いうことないですよね。

キリン氷結公式ページ
http://www.hyoketsu.com

ブログタイムズ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事