「cheero Power Plus DANBOARD version Plate/Block」ダンボーモバイルバッテリーに薄型版/軽量版が登場したので全4モデルを比較してみた

シェアする

20150113-cheero-danboard

デートとモバイルバッテリーはいくらあってもいいものだなあ、と思うのですが、cheeroからダンボーのモバイルバッテリー新モデルが発売されました。

今回新たに加わったのは薄型版の「Plate」と軽量版の「Block」の2種類です。

cheeroのダンボーバッテリーはこれで4種類。どう違うのか?ということで比較表を作ってみました。

全部かわいいんだけどどれ買おう?という時の参考になれば。

normalシリーズは以前サンプル品でいただいたことがある(色は抹茶)のですが、今でも重宝しています。モバイルバッテリーの中で個人的にはエースストライカー的役割を担ってくれています。

さて、他のモデルはどうなんでしょう?

比較表は以下。

モバイルビューで表が切れてしまう場合はこちら。
http://blog.tanakamp.com/wp-content/uploads/2015/01/20150114-cheero-danboard1.png

normal Plate mini Block
内蔵容量
(mAh:iPhone充電回数)
10400(5) 4200(2) 6000(2.5) 3000(1.5)
入力
5V1A
(microUSB)
出力 2.1Aポートx1
1Aポートx1
2.1Aポートx1 2.1Aポートx1
1Aポートx1
1Aポートx1
本体充電時間
(1Aアダプタ使用時)
11〜13h 6h 7〜8h 3h
寸法
(幅x高x奥行:mm)
117×74×23 107x67x9.5 74x48x34 74x48x13.5
重量 258g 105g 140g 70g
参考価格 Amazon Amazon Amazon Amazon

今回新登場のPlate、Blockともにポケットサイズといっていいと思います。

Plateは薄いのでお尻ポケットに入れるのもありかなあと。

Blockのみ出力が1Aポートのみなので、iPadなどタブレットを充電したい場合はBlock以外の3モデルからのチョイスになります。

カバンにはnormal/miniを常備、ポケットにはPlate/Blockを、という分業体制もいいかもしれませんね。

とにかく大容量でコンパクトがいい、というのを追求するのなら、ダンボーなしのcheero Power Plus3がおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク