「じゃのめ(銀座)」銀座でせんべろ?90種類以上の地酒が一杯480円で飲める日本酒バー

シェアする

やすい酒を呑んで酔っ払う。酔っ払うってことを目的にするならそれでもいいんですが、やっぱりいい酒を呑んで「結果として」ちょいと酔うのが一番いい。

そんでもってそのいい酒が適度な値段で呑めればもっといい。

そんなお店が神田渋谷に続き、あの銀座にできたという情報を耳にして、銀座七丁目交差点にほど近い「じゃのめ」におじゃましてきました。

銀座七丁目交差点を昭和通り方面に向かい、一本目の角にあるビルの二階にお店はあります。

外階段をあがって入店。

テーブル席。

スポンサーリンク

1杯480円で飲める!

銀座という立地ながら、このお店の嬉しいところは1杯480円で各地の地酒(日本酒)が飲めるというところ(お一人チャージ480円がかかるのでご注意を)。

プレミアムなお酒も量は減るものの、480円で飲めます。

3種類1000円の飲み比べセットも。

ビール、ハイボールなど他のドリンクもありますよ。

この日は大好きな奈良のお酒「風の森」に出会えたので早速一杯。

和らぎ水はなんと温泉水!

二本目以降は有料とのこと(水道水は無料)。

お料理も色々と揃ってます。

マグロブツ。あぶらのってるところもあって美味しい。

牛すじ煮込みはなんと180円。ああ…銀座でせんべろ…いいじゃないか。

からあげもあります。

知らないおじさんたちとご一緒させていただいた日も。

カウンター席もあるので、呑みソリストとしては申し分なし。

ヒョイっと寄って、ヒョイっと呑んで、ヒョイっと酔って…というお店が銀座にもできてしまいました。

神田渋谷、そして銀座…「俺の三都物語」が始まってしまった予感がします。

じゃのめ(銀座)

関連ランキング:日本酒 | 銀座駅東銀座駅新橋駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事