「朔(本郷三丁目)」完全時間制・日本酒飲み放題の立ち飲みバーで30分一本勝負してきた

シェアする

先日、急に夜浅めの予定がポッカリと空いてしまい、夜遅くの約束まで時間を持て余したので、ずっと行ってみたかったお店に足を向けてみることにしました。

東京・本郷三丁目にある「朔(さく)」。完全時間制の飲み放題をうたっている日本酒立ち飲みバーです。


東京メトロ丸ノ内線の本郷三丁目駅を出て、本郷三丁目交差点をわたり、交番の先を左に曲がって少し歩くとお店はあります。

地図上ではビルの場所は春日通り(大通り)に面していますが、大通り側には入り口がないので気をつけてください。

お店の入り口。

私が行った時にはこんな黒板がお店の前に。

お店は地下一階。階段をおりていきます。

初めてです!と店員さんに告げると、出てきたのはなんとタイムカード笑。

これで時間を管理するようです。普通に勤怠管理するようなタイムカードなので、同月内なら一枚のタイムカードを繰り返し使えるとのこと。

気になる料金体系ですが、以下のとおり。

・基本料金(最初の一杯から30分間)…1000円
・30分経過後は10分毎に300円

ということなので、フードを何も頼まなければ最初の1時間は1900円になりますね。

冷蔵庫には日本酒ボトルがズラリ。お酒の中には1杯100円の追加料金が必要なものもあります(店員さんが教えてくれます)。

このお店にお酒を仕入れている酒屋さんは3つあるのですが、そのうちの一つが東京・人形町にある新川屋 佐々木酒店。私の幼なじみが切り盛りしています。

Sasas.jp 【新川屋佐々木酒店】 | 日本酒、焼酎、ワイン、洋酒、ビール

後予定が朝まで続くことを考慮し、今回はミニマムタイムの30分一本勝負を挑むことにしました。

一杯目は新潟のお酒「山古志」でスタート!

この日のお通しは栃餅。

つまみも少し頼んでみました。佃煮。

「朔煮」というメニューがありますが、これは店長がその日の気まぐれで作った煮物を出します!とのこと。伺った時は肉じゃがでした。

和らぎ水はテーブルに用意されていますのでセルフサービスで。どうしても飲み放題となると飲み急いでしまうので、ちょこちょこお水を飲むのがオススメです。

二杯目は佐賀の「古伊万里 前」。写真にはグラスが写っていますが、お燗でいただきました。

三杯目は広島の「純米吟醸 幻(まぼろし)」

フードメニュー。

フードメニューその弐。

たくあんも頼んでしまいました。

四杯目は茨城「raifuku(来福) MELLOW」。貴醸酒です。水ではなくお酒で仕込んだお酒。

ラストは栃木の「鳳凰美田」で。これで30分タイムアップ。

タイムアップ後にはしじみ汁が出てきます。基本料金に含まれているのは嬉しい心配り。これでこの後も戦える…。

おつまみも含めて日本酒五杯、30分でお会計1000円台後半、といったところでしょうか。無理は禁物ですが、なかなかお得で美味しい一時となりました。せんべろ短期決戦ここに極まれり。

日本酒のラインナップが結構な種類なので、一杯を少なめにしてもらって色々なお酒を楽しむ、という飲み方もいいかもしれません。

完全時間制なので、ダラダラと飲み続けてしまうというダークサイトへの堕落も防げるというところはメリットですね。ただしいい気持ちで酔っ払ってしまって時間を忘れてしまう、というのは注意です。

このお店に来るときに思ったのですが、本郷三丁目界隈はラーメンやつけ麺、うどんが美味しそうなところもいくつかみかけたので、このお店を含めた食べ呑み歩きで再訪したいなあと思っています。

ごちそうさまでした!!!

関連ランキング:日本酒 | 本郷三丁目駅春日駅水道橋駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク

コメント

  1. […] ★[還]「朔(本郷三丁目)」完全時間制・日本酒飲み放題の立ち飲みバーで30分一本勝負してきた | KAMPLOG […]