ジブリ映画「風立ちぬ」の原点になった堀辰雄の小説がKindleで無料ダウンロードできる!(青空文庫でも)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今大ヒットしている宮崎駿監督のスタジオジブリ映画「風立ちぬ」。

ジブリ映画だから子ども連れて見に行くかー、とはいかないような内容(シーンがある)とは聞いているのだが、だったらポケモン映画の予告編部分で流したらアカンやろとか思ったり。

まあ、それは置いておいて、このアニメの原作自体は宮崎駿自身の漫画であるわけだが、その原作のさらに元となった同名の堀辰雄の小説「風立ちぬ」が現在(2013/7/30時点)Kindleで無料ダウンロードできる。


130730-kazetachinu1
130730-kazetachinu2
model by 大川 竜弥 / OZPA

映画も漫画も小説も見て・読んでいなかったので私は早速ダウンロードした。

Kindleアプリでも読めるのでKindle端末がなくても大丈夫。
Kindle 3.8.1(無料)App
カテゴリ: ブック
販売元: AMZN Mobile LLC – AMZN Mobile LLC(サイズ: 17.7 MB)
全てのバージョンの評価: (3,777件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Kindle版が無料!と言ってはみたが、実は青空文庫にもあったので落ち着けみんな。
風立ちぬ/堀辰雄 | 青空文庫

風立ちぬ、と言えば私の中では松田聖子であり大瀧詠一である。名曲すぎる。

この映画を知った時に、テーマソングはこれしかないだろー、とか思ったんだけど。

80年代ど真ん中だけど歌詞的には映画の内容とはそれほど乖離してない気がするんだよなあ(見てないのに言うな)。

太田裕美もカバーしてたりするのだけど、その辺の話をするとだんだんマニアックになってくるのでそれはまた今度。

これで今日からあなたも心の旅人。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
スポンサーリンク