「極上のクラフトビールが飲める120店」都内のビアバー/ビアカフェ探しならこの一冊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は飽きっぽくて継続力がない人間だと自負しているのだが、Twitterと呑み歩き(と一応ブログ)だけはどうにかこうにか続いている。

呑み歩きが続いているのはクラフトビールと楽しい仲間のおかげといっても過言ではない(最近は日本酒もおいしいどうしよう)のだが、そんな私を含めたクラフトビール好きにもってこいの本が出版された。

その名も「極上のクラフトビールが飲める120店」。

スポンサーリンク

都内とその近郊のビアバー/ビアカフェを紹介

「極上のクラフトビールが飲める120店」では東京都内および近郊のビアバー/ビアカフェをタイトルの通り120店舗紹介している。

この数字を見て「ああ、お店増えたなあ」というのか正直な感想だった。

全国ならともかく、東京都内(近郊)で120店である。

個人的にはこの1/4くらいしか行けてないのではないだろうか。まだまだあまちゃんだな。

この本はあなたのお気に入りのビアバー/ビアカフェを探すためにもってこいの一冊。

今まで散々通った店もきっと載っているだろう。でももしかしたらそこに新たな発見があるかもしれない。

いつもとは違う土地におりたって、帰りに一杯、いつもの街でいつもとは違う気持ちで飲みたい、そんなときもあるだろう。

そんなクラフトビール通にとってはおさらいの一冊になるだろう。

「クラフトビアバレー」と呼ばれる渋谷のビアバー/ビアカフェの特集やクラフトビールに関するコラムなども掲載されているので、クラフトビール飲み歩きの入門書としてもオススメ。

これを読んで、いつか「一日でどれだけはしごできるか」をやってみたいなあ。

■今回紹介した本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事