ORIGINAL LOVE、土岐麻子、そしてまさかのMay J.…私が聴きたい音楽アルバム(2013年7月版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いやー、今月も聴きたいアルバム多いなー。って6月に書こうと思ってたら7月になってしまっていたのだけど、まあそんなこと言っててもしょうがないし今回も3つほど紹介したいアルバムが出てきたので紹介したいと思う。

なお前回はこちら。
ハナレグミ、クラムボン…今月はカバーアルバムがアツい!私が聴きたい音楽アルバム(2013年5月版)

スポンサーリンク

1.エレクトリックセクシー/ORIGINAL LOVE

iTunesStoreでチェック
icon

私の大好きなスチャダラパーとのコラボ曲「カミングスーン」収録のアルバム「白熱」以来約2年ぶりのオリジナルアルバム。もう2年もたつのか…。

ドラマは終わりじゃないと自分に言い聞かせてもう2年もたつのか…。

今回は1980年代のエレクトリックポップ・ソウルの匂いがプンプンするアルバム。

先行配信の「ファッションアピール」の時点でああダサいなー(いい意味で)と思っていたけど、ホントにダサい(いい意味で)。「きらめきヤングマン」って。

ゆっくりいこう ストライド狭く

2.HEARTBREAKIN’/土岐麻子

iTunesStoreでチェック
icon

こちらは乱反射ガール以来3年ぶりのオリジナル(フル)アルバム。

こちらは1980年代シティポップテイスト。シティポップいいよね。

Cymbalsの時はてんで聴かなかったのにソロになってから聴きまくってる。ほんとキュートだねえ土岐さん。

あなたっていくつなのー?はこちらのセリフだと思う。

3.Summer Ballad Covers/May J.

iTunesStoreでチェック
icon

最後はまさかのMay J.。まあカバーアルバムということで。

このアルバムに猿岩石の「白い雲のように」が収録されていることを知る二日くらい前になぜか数年ぶりにカラオケで歌ったという変な巡り合わせもあったり。

というか土岐さんもそうだけど綺麗(キュート)で歌うまいとかどういうことだ!?天は二物を与えるのか、二兎を追う者は一兎をも得ずじゃないのか、とか思うのだけど、やっぱり前者なんだよ。

できる人は何でもできるし、その何でもできるって実はその人の中では明確に絞り込まれててやっぱり結局はプロフェッショナルなんだろうなあと。歌うのもプロなら聴くのもプロ。それでいいじゃない。カロリー低けりゃいいじゃない!

犯人の指示でいいからデートがしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事