「年がら年中長嶋茂雄」国民栄誉賞受賞・長嶋茂雄の名言/迷言を日めくりで堪能できる一冊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[長嶋茂雄] 国民栄誉賞授与記念!実績もエピソードもとんでもないミスターの伝説20 | nasukedotnet

このエントリーを読んでいて、私もやっぱり長嶋茂雄が好きだなあということを再認識していた。No.17なんてホント最高だなあ、なんて思いながら読んでいた。

明日の始球式の捕手は野村克也だったらいいのに。とか。

エピソードには事欠かないミスター。そんな彼の名言・迷言を存分に堪能できる一冊がある。

それが「年がら年中長嶋茂雄」である。

スポンサーリンク

一日一茂雄

日めくり形式で長嶋茂雄の名言・迷言が楽しめる一冊。366の名ゼリフが収録されている。

まさに一日一茂雄。ファン垂涎の一冊といって過言はないだろう。

付録の意味不明さ

そしてこの本には付録がついている。

「サイン入り手ぬぐい」

長嶋茂雄らしい、といってしまえばそれまでだが、なぜ手ぬぐい。これを読んで流れた涙をぬぐえとでもいうのだろうか。いや、それは深読みしすぎだろうきっと。

いつも。あなたのそばに。茂雄。

親切にも閏年まで考慮に入れた茂雄イズムが籠もった一冊。

今からamazonでポチっても明日の受賞には間に合わないだろうが、この一冊はより彼の偉大さ、彼のユーモアを知らしめるものになるに違いない。

ちなみに私は改訂前のオリジナルバージョン(おそらく絶版)を数年前に購入し大事にとってある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事