ひらくPCバッグの好きなとこ挙げてけ:ひじ掛けっぽくなる

シェアする

先日色んなものをひらいた末にGETしたひらくPCバッグ。

私がひらくPCバッグを手に入れるためにひらいた3つのモノ

しばらく使ってみてから、よかったとこ、好きなとこをまとめようと思ったが、多分それでは一生エントリーがアップできそうもないことに気がついた私。思いついたところから一つずつ挙げていくことにした。

今回は、中身の話ではなく、バッグを肩掛けしている時の話。

私は個人的にバッグを肩から掛けるのが好き。会社バッグもプライベートで使うバッグも必ずショルダーストラップが付いている、付けられるものをチョイスしていた。リュックとかトートバッグはあまり使わない。

ひらくPCバッグはそもそも肩掛けオンリー(手提げにする取っ手すら付いていない)。なのでもちろん常時肩掛けである。
130228-hiraku1

片道約小一時間の電車通勤は奇跡が起きない限り吸われない、もとい座れないわけで、肩に掛けたまま過ごすわけだが、車内でバック本体が後ろにあると他の人の邪魔になるので、本体をクルっと前に持ってくることになる。
130228-hiraku2-1

そこが今回の好きなとこポイント。

ショルダーストラップの調整は当然必要になるが、クルっと前に持ってくると、私の場合右腕の肘から手にかけての部分がちょうどバッグの上部分に乗っかる形になる。これがすごく楽なのだ。
130228-hiraku3

通勤時はiPhoneをいじっているか、DSでドラクエやってるか、文庫本を読んでいるかだが、ひらくPCバッグがいい「置き場」になってくれることで地味に負担を軽減してくれる。

スポンサーリンク

そう、これは膝枕だ

とっさに駅トイレの鏡で撮った写真を拡大しているので、むちゃくちゃ粗くなっている上にコートが黒でわかりにくいことこの上ないが、とにかく収まりがいい。そう。あれだ。膝枕だ。もう10年以上やってないだろうか。膝枕。あの感じだ。ぬくもりはないけれど膝枕。

後日、もう少しわかりやすい写真に載せ替えるかもしれないが、この安定感は今まで私が使ってきたバッグにはない、ひらくPCバッグが好きになった理由の一つである。

今日のひらいた
股をひらかなくても膝枕みたいにはなってくれる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事