ひとりビアもいいけれど…「ふたりビア」だときっとビールはもっと美味しくなる

シェアする

毎号表紙でわりとノックアウトされてしまう雑誌「東京カレンダー」。

東京カレンダーが、デートや記念日に大切な人と過ごすのにピッタリの厳選されたレストランと、素敵な時間に欠かせない魅力的なアイテムをご紹介します。

そんな東京カレンダーがクラフトビールを取り扱う素敵なお店を紹介するムック本「ふたりビア」を刊行したというので早速買ってみた。

通常ひとりビアメインな私にとってはまぶしすぎるタイトル。

そして表紙を飾るのは私の大好きな東銀座のbar cacoi、なんていうもんだから、この本を買った足でそのままbar cacoiへ。

席について「ふたりビア」を取り出し、ひとりビアしながらしばし眺める。表紙が撮影されたロケーションとまあほぼ同じ感じ。bar cacoiと言えばあの鉄瓶。


「ふたりビア」にはクラフトビールを扱うお店が50軒紹介されている。bar cacoiは1軒目。


まだまだ行ったことのないお店がたくさん。まだまだ精進していかないと-!

なんて思っていたところにオファーが成立してひとりビアからホントに「ふたりビア」になってうれしさのあまり、放送時間を延長してお送りして予約録画していたドラマが途中で切れちゃったけどそんなの関係ねえ、といった感じの夜となった。


タイトルは「ふたりビア」だけど、掲載店はもちろんひとりでも行けるので、ぜひこれを読んで色々なお店に行ってみてはいかがだろう。同じ銘柄でも管理の仕方や注ぐグラスで味は変わるので、銘柄を絞って店をはしごして飲み比べ、なんてのもオツかもしれない。

bar cacoiについては、いまだエントリーを一つも書いてない企画「黄金酒」であらためてご紹介するつもり。
落語とビールが好きすぎるのでちょっと引っかけてビアバーを紹介していくことにした~黄金酒~

■bar cacoiお店情報(食べログ)

関連ランキング:バー | 東銀座駅築地駅新富町駅

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク