カラオケ行った時にはだいたい歌う歌5曲~男性編~ #5karaoke

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。「○○王子」に対抗して、「〇〇十条」という名称を流行らせようと日々企んでいる@sta7kaです。



5なんちゃらというハッシュタグで自分の好きな〇〇5つを晒すエントリーが多い昨今。プロ・ブロガー本も絶好調な@isloopくんがこんなエントリーを。
ワタシがちょー気持ちよく歌えるカラオケ曲ベスト5 #5karaoke | 和洋風◎

待ってる!とご指名を受けたので、早速書いてみた。基本路線は昭和、である。なお、数字は順位では無い。

スポンサーリンク

1.メモリーグラス/堀江淳


原曲キーで歌う。私が歌うと、歌の内容とあいまってなぜか失笑が起きることも。

いろいろ度が過ぎて、歌のように私自身が飲み干されないように気をつけたいものである。なお、私は水割りは一切飲まない。

2.初恋/村下孝蔵


甘酸っぺー曲ではある。メモリーグラスもこの曲も原曲キーで。この辺の音域が自分には合っているみたい。

3.熱き心に/小林旭


作詞:阿久悠、作曲:大瀧詠一という神コンビの楽曲。本人出演映像の場合、若かりし頃の小林旭が映るのだが、馬に乗りまくってて結構笑える。

なお作曲の大瀧詠一、歌手の時は大「滝」詠一という表記になる。

4.シルエット・ロマンス/来生たかお


大橋純子ではなく、作曲者の来生たかおバージョンで。いつか誰かに恋心盗まれたいものである。

5.歩いて帰ろう/斉藤和義


ポンキッキーズのテーマ曲として有名。

ザギンで終電を逃したら大体これを歌って歩いて帰宅するようにしている。

基本は原曲キー


理由は簡単。原曲キー以外だとわけが分からなくなってしまうから。ようは音痴なので合わせるのが下手なのである。ハモりとかも全然できないし。

カラオケに一緒に行くメンバーによっては「ポカーン」とされてしまうこともよくある歌たちではある。でもだいたい歌ってしまう。だって歌いたいんだもの。

さあ、今日も歩いて帰ろう。

コチラの記事もどうぞ → 久しぶりに歌いたい歌を歌えたのでセットリストを晒してみる。 – Tanakamp的ヒトコト。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事